商業動線研究所・アイトラッキング・店舗ファサード適正・消費者動線など調査結果を数値化してマーケティング戦略を提案します

ホームHOME アイトラッキングeye-tracking 商業動線調査FLOW LINE RESERCH 提供資料サンプルSample 私達についてPORTFOLIO

2013-03-17
【WEB】Yahooショッピングの撤退率
Yahoo!ショッピングにおいて、弊社が調査している通販サイトの
商品点数が中規模級のショッピングサイトの撤退率を調べてみました。

(アナログエンジン motion-portfolio調べ)
【調査件数】2501件
【調査対象期間】2011年時点で存続ー2013年4月時点での継続率と閉店率
【撤退数】960件 (38%)
【継続数】1541件 (62%)

また、閉店した店舗のスクリーンショットから、
商品点数やカテゴリが少なく、また注目品以外に興味をそそられるものが少なく、
他社に類似商品が多い・・・まぁ、強みがわからない商品構成やレイアウトが
とても多かったです。
情報に強弱が無いということですね。
ライバルが同等品を扱ってたりで消費者に比較をされてしまう場合でも、
情報の見せ方次第で十分他社に差をつけることはできますよ。

だけど、いまいちオンラインショップへの力の入れ具合が分からないのか、
それとも興味本位で始めたレベルなのか、どのサイトも、
「出したい情報だけ出したらそこで落ち着いた」って感じが拭えません。

本当はアイトラッキング調査を行うともっと明らかですが、
今回は対象が弊社管理下のホームページではないため、
その調査画像を公開できませんので割愛します。


【一覧に戻る】

価格表

アイトラッキング分析の価格表

お見積もり・お申込み

お見積もり お問い合わせ お見積もりはこちらから お問い合わせ先

その他サービス

お支払いはクレジットカードに対応しています。 テスター募集中